院長・スタッフ紹介

ホーム > 院長・スタッフ紹介
 

院長あいさつ

image

動物医療は人医療と同様に日々進化しており、これまでわからなかった病気や治らなかった病気が治療できるような時代になってきています。私たちのような一般診療医(いわゆる町医者です)もこのような時代の中で様々な症例に対して学会や勉強会などに積極的に参加することで知識を高め、ペットや飼い主様に治療の選択肢が増えるよう努力しております。
ただし、やむを得ず当院では対応ができない患者さんがいることも事実です。そのような場合は高度医療機器(CT/MRIなど)が備わっている大学病院や検査センター、専門医にご紹介することで飼い主さんの不安を取り除けるように心がけております。

しかし高度医療全てが「小さな患者さん」や飼い主様にとっては最高の医療であるとは限らないと思うことに遭遇することがあります。私は動物医療とは飼い主様と「小さな患者さん」の心の治療だという考えがあるからです。
飼い主様と獣医師が「大切な家族」についてよく話し合い、病気や病状についてご理解していただきどのような治療がこの「大切な家族」にとって選択すべきかを一緒に考えていくことが最善の方法だと考え日々診療しております。

また動物医療は救急が多いことも事実です。その場で判断し、その場で救急治療を開始しなければならないことも多くあります。そのため医療機器は欠かせない存在です。
定期的に医療機器を導入することで病気の早期発見が出来て不安を取り除けるよう心がけております。

院長 岩井 哲

副院長あいさつ

日々の診療の中で感じることは、同じ病気でも十人(頭?)十色。 病態の進行状況も違えば、飼育環境も違い、ご家族の希望も様々・・・私たちはそれぞれに対応した治療をしていかなければなりません。

そのためにとても大切なのが、普段からのご家族との会話だと感じています。動物は言葉をしゃべりません。 だから病気に直接結びつかないことでも、ご家庭での様子やご家族が心配に感じていることを話していただくことで、 病気の早期発見や治療に結びつくきっかけとなることが多くあります。

獣医療は日々発展し、ペットに関わる民間療法も多様化しています。病気に関する様々な情報も簡単に共有することが可能になってきました。 情報の多様化はご家族に安心を与える一方、不安を抱かせてしまうこともよくあります。 私たちスタッフは、大切な家族に対して飼い主様が抱いているこのような不安や悩み、またうれしかったことでもなんでもお話いただけるような、 「身近に感じる病院」を築いていきたいと考えています。そしてご家族と共に考え、時には一緒に喜んでいきたいと思っています。
一人でも多くの方に、来てよかったと感じていただける診療を目指し、これからも勉強、経験を積んでいきたいと思います。

副院長 市川 千絵

スタッフ紹介

獣医師 鳥飼  和史

日本獣医生命科学大学出身。
僕も2匹の犬たちと暮らしています。 オーナー様のご家族、パートナーであるワンちゃん、ネコちゃんたちが健康な生活をおくれるサポートができたらと思います。
まだまだ未熟もので、至らぬ点も多々ございますが、日々精進していきたいです。 よろしくお願いいたします。

 

獣医師 桑子 大

北里大学出身。
獣医師として、どんな小さなことでも気軽に相談できる存在でありたいです。
まだまだ勉強することはたくさんありますが、動物達が楽しく過ごせるよう最善を尽くしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

看護師 眞坂 礼華

人と同じように動物たちにもそれぞれ個性があり、病院という現場では状態も様々です。
出来る限り、そのコに合った負担の少ない接し方を考えて接するように心がけています。

 

看護師 石森 文野

現場での仕事は大変ですが、一日でも早く動物たちからも飼い主の皆様からも信頼される看護師になれるよう努力していきます。よろしくお願いします。

 

看護師 新藤 佳純

私は動物が大好きですが動物を飼っていないので、来院されるワンちゃんやネコちゃんにいつも癒されています。
動物たちの小さな変化にも気づけるよう、コミュニケーションを大切にしていきたいと思います。

 

看護師 新藤 佳純

動物の気持ちの分かる看護師を目指して毎日頑張っています。
慣れないことが沢山ありますが、よろしくお願いいたします。

 

看護師 加賀見 優里

来院される動物たちと飼い主様が安心できて、頼りにして頂けるような看護師になるため日々努力してまいります。よろしくお願いいたします。

 

imageクロたん

年齢不詳。 
朝霞のお寺さんで面倒をみてくれていたのですが、交通事故にあって下半身麻痺になってしまい自分で排尿排便できないため当院で引きとり仲間となりました。
前足だけで果敢に走り、階段だって登れます!
たまに走って下半身がドリフトしますがびっくりしないでください。
名前の由来はもともと呼ばれた通りです。

 

imageおはつ

2002年生まれ。
当院の開院時当初、院長の恩師の病院で骨折したまま置き去りにされてしまい引き取りました。
とても怖がりなので院長の自宅で生活しています。
飼い主さんとはめったにお会いしませんが、輸血猫として時々仕事をしています。
名前の由来は開院して初めて飼い始めた(お初の)猫のため。

 

image小春

2007年生まれ。
病院の輸血犬として時々活躍しています。子犬の時にひどい肺炎で生死をさまよいましたが復活し今では元気に遊んでます。 
普段は病院にはいなくて、院長の母の家でのびのびと生活してます。
地元の皆様には色々遊んでいただきお世話になっていて感謝してます。時々みかけるかもしれませんので遊んであげてください。
名前の由来は春に来たので、と思いますが母が命名したので詳細は分かりません・・・。

 

image

2016年生まれ。
2016年の春に保護しました。当初は病院で飼育していましたが、4頭保護した中の1頭が院長宅で飼育することとなりました。 名前の由来は、おはつの次に来たから。

 

image

2013年生まれ。
3歳の時に縁があって院長の知り合いの保護施設より当院へやってきました。
人もわんちゃんもねこさんも大好きな、心優しいワンパクさんです。
お散歩で見かけた際は仲良くしていただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

image

2016年生まれ。
生まれたての子猫の時に当院で保護しました。やんちゃなので普段はスタッフルームで生活しています。
カップ麺の「もやしラーメン」の容器に入って捨てられていたので、名前が「もやし」になりました。
見た目や性格は全く「もやし」ではなく、やんちゃで元気いっぱいです。

 
診療時間
院内日誌
院内日誌 採用情報 どうぶつの総合病院