眼科診療

ホーム > 眼科診療
 

当院では眼科診療に力を入れております。眼瞼、角膜や結膜等のトラブル、白内障や緑内障、網膜疾患など各種疾患によって失明してしまう動物達を少しでも減らすことが出来ればと思っております。
獣医療ではあまり広く行われていない白内障、水晶体脱臼やシリコンインプラント置換術等に対する外科手術にも対応しております。当院で対応出来ないような重症例は状況に応じてより高度な専門施設へご紹介することも可能です。

トノベット電子眼圧計(M.E.Technica:TV01)

眼圧(眼球の硬さ)を測定することで緑内障やぶどう膜炎の発見と治療効果の判定に用いられます。

トノベット電子眼圧計(M.E.Technica:TV01)

トノベット同様に眼圧測定用の機器です。

ポータブルスリットランプ(KOWA:SL-15)

眼科用の拡大鏡で眼瞼・結膜・角膜・水晶体・前部ぶどう膜・硝子体などの観察に用いられます。角膜から硝子体までの詳細な情報を得ることができます。 また通常のタイプとCCDカメラ設置タイプを常備しているため画像をPCへ保存することで経時的変化を確認することが出来ます。

眼底カメラ(メニワン:Clear View)

カメラを通して眼底(眼の奥に存在する網膜や神経など)所見をパソコン上に描出し、また画像を保存できるシステムです。画像として保存できるため病変の経時的変化を確認することが出来ます。また飼い主様への病変の説明に利用しています。

眼科用倒像鏡(HEINE:双眼倒像鏡)

網膜や硝子体の観察を肉眼的に行うために使用します。両眼観察出来るためより立体視することが出来ます。

アイリスベット(メニわん:メラン100)

赤色光と青色光の波長の違いを利用し、網膜機能の異常または眼外(神経)の病変による視覚消失があるかを簡易的に判断する装置です。

ホワイトスターシグネチャ−?システム(AMO)

白内障手術時に使用する最新の手術装置です。白内障による変性硬化した水晶体蛋白を超音波振動による乳化、吸引しながら除去していきます。白内障手術時には必須な装置です。

眼科手術用顕微鏡(CARL ZEISS)

眼科手術は大変細かい手術(マイクロサージェリー)を行わなければなりません。そのため肉眼による手術は不可能で、手術用顕微鏡により細かい構造を確認しながら手術が行う事が出来ます。また時々エキゾチックアニマルの手術、尿管縫合や椎間板ヘルニア手術にも利用しています。肉眼では確認困難な細かい血管や構造が確認出来るため出血の少ない安全な手術が可能です。

マイクロサージェリー器具

眼科手術用の鋼製器具です。眼瞼、結膜、角膜、また眼内手術に使用します。一般手術と異なり非常に繊細な構造になっています。

網膜電図(TOMEY LE-100)

視力障害に陥った際に、網膜機能の異常か脳神経系の異常かを判断するため使用します。また白内障手術の術前検査としても利用しています。白内障手術は視力回復を目的としているため、網膜機能が異常なければ適応とならないため必須の検査となります。

診療時間
院内日誌
院内日誌 採用情報 どうぶつの総合病院